家庭用脱毛器ランキングNo1のフラッシュ脱毛器

サロンやクリニックで行うフラッシュ脱毛は、1部分だけ施術を行うのであれば安いと思いますが、全身気になるところをすべてやると高額な費用がかかります。

さらに、サロンなどの器具の場合、前にどんな人が使用したのか、どの部分を脱毛したのか、メンテナンスや殺菌などがされているのか心配になる人もいるのです。

そこで、年々購入者が増えているのが家庭用のフラッシュ脱毛器です。

いままで家庭用脱毛器といえば、毛を挟んで抜く脱毛器や、1本1本毛を摘んで刺激を毛根に与えて抜く脱毛器など様々な商品がありました。

しかし、処理に時間がかかりすぎてしまったり、抜くことで毛穴が広がって毛深くなってしまったりして、悩んでいる方も多かったのです。

この家庭用のフラッシュ脱毛器は、妊娠線に悩んでいる毛深い主婦が、妊娠線消すノコアを使うときに脱毛するのに便利ですね。o@(^-^)@o。

家庭用脱毛器でも人気ランキング上位をキープし続けているイーモ・イーモリジュは、価格が89,000円と少し高いように感じますが、エステサロンで脇、肘下、ひざ下のケアをすると同じくらいの料金がかかります。

男性も脱毛する時代ですので、夫婦や姉妹、親子で使用できれば断然お得なのです。

家庭用のフラッシュ脱毛器の永久脱毛力はサロンより低いのですが、サロンで脱毛を行うのが恥ずかしいVラインやIラインの脱毛や、体型や毛深さを気にしてあまり見られたくないと思っている方でも、自宅で簡単にフラッシュ脱毛できる機械なのです。

家庭用のフラッシュ脱毛器は、繰り返し使用していくと徐々に毛が細く、抜けやすくなっていきます。

光の強さもコントロールできるため、痛みの少ない弱い光から始め、慣れてきたら強くしていくことができるのです。

家庭用フラッシュ脱毛器は、さらにコンパクト化され新商品が次々でてきています。

抜かない、剃らない脱毛器としてCMなどでも宣伝しており、今後需要が増えてくる商品ではないでしょうか。

サロンやクリニックによって違うフラッシュ脱毛の料金の仕組み

フラッシュ脱毛の料金は、サロンやクリニックによって違ってきます。

最近ではフラッシュ脱毛のキャンペーンや宣伝のチラシを見かけますが、5000円程度の料金のところや2〜3万円の料金のところがあります。

これから施術を検討する方は、フラッシュ脱毛の料金の仕組みを知っておきましょう。

フラッシュ脱毛は、毛の生える周期にあわせて定期的に施術を受ける必要があります。

何度か繰り返し行うことによって、発毛しなくなっていくのですが、回数は個人差によって変わってくるのです。

早い人で2〜3度の施術で生えてこなくなる人もいれば、何度やっても毛が生えてくる方もいるのです。

通常5〜6回行うことで発毛しなくなる人が多いことから、サロンやクリニックでは、1年間に6回通える回数パックで、フラッシュ脱毛の料金を設定していることが多いのです。

さらにそれでも生えてくる方には延長パック用意していたり、1回ごとの料金を設定していたりすることもあります。

パック料金にする理由のひとつに、脱毛が完全に終わるまで通い続ける人が増えるということです。
フラッシュ脱毛の場合、永久に生えてこないという保証はありません。

少しでも毛母細胞が残ってしまえば、そこから発毛してくることがありますし、数ヶ月たってから生えてくるといったこともあるのです。

1〜2度の施術によって毛が薄く細くなり、生えてこないところも出てくると、満足してサロンや医療レーザー脱毛のクリニックに通う手間を惜しんでしまう人もいるのです。

最後まできちんと通うためには、回数パックのほうが通いやすいのかもしれませんね。

フラッシュ脱毛の施術後のケアと注意

フラッシュ脱毛の施術を行うサロンやクリニックでは、肌の知識や脱毛の技術を得ている専門のスタッフによって施術が行われるため、お肌に影響がないよう十分注意して脱毛していきます。
しかし、フラッシュ脱毛後の注意点を守らないと、炎症を起こしてしまう場合もあるのです。

では、フラッシュ脱毛後の注意点はどんな事があるのでしょう。

フラッシュ脱毛をした当日は、入浴はできるだけ避けるようにしましょう。
汗を流すくらいのシャワーであれば大丈夫ですが、ボディーソープや石鹸で施術部分を洗うのも刺激が強く、炎症する可能性があるのです。

フラッシュ脱毛後、毛母細胞が死滅して自然とムダ毛が抜けていきます。
しかし、1ヶ月くらい経過するとヘアサイクルによって、残っている毛母細胞が新しい毛を作りムダ毛が生えてきます。
毛母細胞は何層にもなっていることから、1回の施術では毛に一番近い1層しか死滅しないので、2〜3ヶ月おきに繰り返し施術して、全部の毛母細胞が死滅したら完了となるのです。
その期間に生えてきたムダ毛は施術前の毛にくらべると細いのですが、抜いてしまうと太い毛が生えるようになってしまうので、処理するときは電気シェーバーや剃刀で剃るようにします。

フラッシュ脱毛を受けている期間は、肌に強い刺激を与えてしまわないように注意しましょう。
直射日光が当たると、紫外線の影響で炎症を起こしてしまうこともあります。
さらに、次回の施術を行うときに、肌が日焼けして肌色が濃くなっていると、フラッシュライトが日焼け部分に反応して火傷や炎症を起こす可能性も高まります。

フラッシュ脱毛後の注意点をしっかり守ることで、脱毛の効率をアップして炎症などのトラブルを回避できるようになるのですね。

フラッシュ脱毛をするときの流れ

フラッシュ脱毛のスタートから終了までは、どのような工程で行われるのか確認してみましょう。

施術を受ける前には、サロンでのカウンセリングが重要になります。
フラッシュ脱毛のスタートから終了までの流れと施術内容を、しっかり説明してもらってから肌質や毛質をチェックし、肌や毛の悩みやトラブルなどを聞いたりしていくのです。
このカウンセリングによって、フラッシュの強さなどを設定していきます。

カウンセリングが終わると、脱毛したい部分に生えているムダ毛を剃って、フラッシュのテストを行います。
フラッシュの強さによってトラブルが起きないか、肌の反応を見ながら強さを微調節していき、術後10分くらい様子を見ます。
肌の弱い方やアレルギーを持っている場合には、数時間後に肌に影響が出てくることもあるため、1日様子を見る場合もあるのです。

テスト結果が出て異常がなければ、フラッシュ脱毛の施術が始まります。
フラッシュライトは一瞬ですが、強い光ですので肌への負担も大きくなりますので、施術前には、肌を守るためのフラッシュライト専用のジェルを塗っておきます。

準備が整ったらフラッシュを当てて脱毛していきます。
両脇の場合、10分前後で終了します。
術後は肌が熱を持っていますので、冷たいタオルなどで冷やした後に、クリームなどで肌のケアをしておきます。

フラッシュ脱毛のスタートから終了までの工程では、施術によって起こるかもしれないトラブルを回避するための工程が一番大変ですが、重要なのです。
きちんとカウンセリングやテストを行うサロンを選ぶようにしましょう。
1